品位とは

金属の「品位」とは?

ひん‐い【品位】

人や事物にそなわっている気高さや上品さ。品格。「―を保つ」「―に欠ける」
金銀の地金、貨幣の含んでいる金銀の割合。
鉱石中に含まれている有用元素の割合。

金属における「品位」とは、上記辞書でいうところの二番目の意味にあたります。金属の塊である地金やコイン、ジュエリーなどに含まれる「金」や「プラチナ」、「銀棟」の純度、割合のことをいいます。

光彩工芸は「品位」を保証します。

光彩工芸では、地金の購入や管理を行うために各工程に人員を配置し、工程ごとに責任をもって管理を行っています。材料の管理と品位を保つ体制を徹底し、材料を作る工程で他の金属が混ざってしまい、最終製品になったときに「品位」が足りなくなることを防いでいるのです。
品位の保証をお約束することは、貴金属メーカーとして決して容易なことではありません。「クオリティ×クオリア」をお届けするために自社に課した基準として、細心の注意を払い「品位」を守り続けています。

金の「品位」

K24 純度 99.99%の純金
K22 純度 90.6%の純金+その他の金属
K20 純度 83.3%の純金+その他の金属
K18 純度 75.0%の純金+その他の金属
K14 純度 58.3%の純金+その他の金属
K10 純度 41.6%の純金+その他の金属

プラチナの「品位」

PT999 純度 99.99%の純プラチナ
PT950 純度 95%の純プラチナ + その他の金属
PT900 純度 90%の純プラチナ + その他の金属
PT850 純度 85%の純プラチナ + その他の金属



前へ
地金へのこだわり

次へ
アレルギーフリーへのこだわり